資源化量
余熱利用量仕様値・公称値
余熱利用量実績値
発電能力
灰処理設備の有無
ごみ組成分析結果
三成分
低位発熱量
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他
資源回収量
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他
資源回収量
搬出量
在庫量
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他
年間処理量
生成物保管量
生成物生産量
生成物搬出量
燃料化量民間
発電能力
三成分
低位発熱量
準好気性埋立構造の管理状況
水質管理状況
メタン回収をしている場合
年間処理量
資源化量
脱水汚泥の直接埋立
脱水汚泥の焼却
処理方式
メタン発酵の場合
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他

平塚市 環境事業センター(焼却施設)(平塚市)

焼却施設

平塚市 環境事業センター(焼却施設) 住所・電話番号

神奈川県平塚市大神3230

0463-55-6615

平塚市 環境事業センター(焼却施設) 関連ページ

平塚市 環境事業センター(焼却施設) タグ

 現在のごみ焼却施設は、昭和60年度から3ヶ年継続事業として建設されたもので、昭和63年3月より操業を開始しています。
 日量294トン(98トン/24時間×3炉)の焼却能力を持つ当施設は、各家庭などから出る生ごみなどの燃えるごみや粗大ごみ破砕処理施設で破砕選別された可燃ごみ等を焼却処理しています。
 平成23年度の焼却処理量は年間約70,700トンで、これは市民一人当り毎日約740gのごみを出していることになります。

着工:昭和60年10月
竣工:昭和63年3月
総工事費:約60億円

形式:全連続流動床式
能力:294t/24h(98t/24h×3炉)

敷地面積:10,037.00平方メートル
工場棟面積:5,566.10平方メートル
管理棟面積:855.05平方メートル

平塚市 環境事業センター(焼却施設) 施設情報

年間処理量67,351 t/年度
資源化量資源物回収166 t/年度
燃料ガス回収
生産量・搬出量の別搬出量
焼却対象廃棄物可燃ごみ、粗大ごみ、ごみ処理残渣、し尿処理残渣
施設の種類焼却
処理方式流動床式
炉型式全連続運転
処理能力294 t/日
炉数3
使用開始年度1988 年
余熱利用の状況場内温水、場外温水
余熱利用量仕様値・公称値余熱利用量8,467,200 MJ
うち外部熱供給量
余熱利用量実績値余熱利用量
うち外部熱供給量
発電能力発電能力
発電効率実績値
総発電量実績値
うち外部供給量実績値
灰処理設備の有無焼却灰処理設備無し
飛灰処理設備薬剤処理、セメント固化
運転管理体制直営
施設の改廃
産業廃棄物の搬入の有無無し
一般廃棄物の割合
ごみ組成分析結果紙・布類40 %
ビニール、合成樹脂、ゴム、皮革類16 %
木、竹、わら類12 %
ちゅう芥類22 %
不燃物類5 %
その他5 %
単位容積重量202 kg/m3
三成分水分54 %
可燃分39 %
灰分7 %
低位発熱量計算値6,058 kJ/kg
実測値6,168 kJ/kg
リユース・リペア機能の有無無し
リユース・リペアする場所の面積
リユース・リペアの対象品目
合計重量
個数
家具対象
重量
個数
自転車対象
重量
個数
衣類対象
重量
個数
書籍対象
重量
個数
家電対象
重量
個数
対象
重量
個数
食器対象
重量
個数
おもちゃ対象
重量
個数
その他対象
重量
個数
リユース・リペアの内容

平塚市 環境事業センター(焼却施設) ブログ・ニュース

3有識者会議を条例設置の附属機関へ:京都府
教育・商工・農業振興3審議会の規則・要綱設置違法 ・岡山市:自治組織に関する検討委員会の要綱設置違反 ・平塚市環境事業センター事業者選定委員会の要綱設置違反 ○監査委員の判断 §豊中市地域自治システム調査検討委員会委員報酬に関
2012-12-21 23:29:00
H25実施計画(素案)をパブコメ:平塚市
平塚市総合計画 平成25年度版実施計画(素案)に対する意見募集について ・「平塚市総合計画」は、市政運営の基本となる最上位の計画で、基本構想、基本計画 次期環境事業センター整備事業、市民病院整備事業) ・総合計画改訂
2012-12-10 00:57:00
ごみ焼却場で基準値超えるダイオキシン(1万1千ピコグラム ...
■ごみ焼却場で基準値超えるダイオキシン検出、汚染土壌入れ替えへ/平塚市 カナロコ(神奈川新聞) - 2011/05/27 平塚市は27日、同市大神の可燃ごみ焼却場「仮称・環境事業センター」建設予定地の土壌から国の基準値の11倍のダイオキシン類が検出
2011-05-27 21:53:00
大神に新ごみ焼却場建設へ、13年3月に完成予定/平塚
予定/平塚 カナロコ(神奈川新聞) - 2011/03/25 平塚市と大磯、二宮町の1市2町が広域でごみ処理を効率的に進める中核施設となる「次期環境事業センター」(ごみ焼却場)の新設工事平塚市大神で始まった。老朽化した現在の施設の代替で
2011-03-25 17:10:00
H22・4月・定例行政報告会
振興計画・平成22年度実施計画について 4 平塚市文化振興指針の策定について 5 平塚市の福祉会館の設置及び管理等に関する条例の一部を改正する条例について 6 (仮称)次期環境事業センター整備・運営事業の進捗状況について 7 平塚市
2010-04-20 22:50:00
交通安全協会臨時総会とごみ減量化フォーラム
臨時総会が開催され、「一般財団法人 平塚市交通安全協会」の定款が承認されました。 これで、平塚市交通安全協会は一般財団法人として設立されることになり 地元大神地区では、来年度から次期環境事業センター(処理量315トン/日)の建設整備が始まり
2010-03-23 23:40:00
平塚ごみ処理 3号炉操業再開
平塚市環境事業センター焼却炉から基準値を超えるダイオキシンが検出された問題で、同市は21日、3号炉のダイオキシンが基準値を下回っていたとして操業を開始したと発表した。これにより2号炉と合わせ1日約160トンの可燃ごみを焼却
2009-03-22 07:08:54
非常事態ひとまず解消へ/平塚市の焼却場停止問題
ダイオキシン類の検出などで平塚市のごみ焼却場の三炉すべてが使用できなくなった問題で、同市は十六日から定期整備を終えた二号炉の運転を再開した。併せて、同日から近隣の四市が有料でごみの引き受けを開始。二十日にはさらに一市から協力
2009-03-17 08:21:30
平塚市のダイオキシン類検出:全焼却炉使用不可 市長ら、ごみ減量呼び掛け /神奈川
ダイオキシン類が検出されたため環境事業センターのすべての焼却炉が使えず、ごみ処理ができなくなっている平塚市は13日、大蔵律子市長と職員約40人がJR平塚駅周辺で、市民にごみの減量を呼びかける緊急キャンペーンを行った。 同市の
2009-03-14 15:02:05
ごみ焼却施設から基準超えるダイオキシン/平塚市
神奈川県平塚市は12日、市のごみ焼却施設の排煙から基準濃度の1・3倍に当たるダイオキシン類が検出されたと発表した。市は「健康に影響はない」としている。 県が3基ある焼却炉の排煙に含まれるダイオキシン類の濃度を検査したところ、
2009-03-12 23:55:53

話題の清掃工場

第1位 佐賀市 清掃工場 338
第2位 フクシマエコテッククリーンセンター 293
第3位 伊賀南部クリーンセンター(焼却施設) 225
第4位 柏市 第二清掃工場 188
第5位 扇田環境センター(新埋立地) 153
第6位 日野市 クリーンセンター(ごみ焼却... 152
第7位 浜松市 新清掃工場 142
第8位 はだのクリーンセンター 129
第9位 上伊那広域連合 新ごみ中間処理施設 124
第10位 奈良市 環境清美工場(ごみ焼却処理... 123

一覧