資源化量
余熱利用量仕様値・公称値
余熱利用量実績値
発電能力
灰処理設備の有無
ごみ組成分析結果
三成分
低位発熱量
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他
資源回収量
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他
資源回収量
搬出量
在庫量
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他
年間処理量
生成物保管量
生成物生産量
生成物搬出量
燃料化量民間
発電能力
三成分
低位発熱量
準好気性埋立構造の管理状況
水質管理状況
メタン回収をしている場合
年間処理量
資源化量
脱水汚泥の直接埋立
脱水汚泥の焼却
処理方式
メタン発酵の場合
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他

本城かんびん資源化センター(北九州市)

資源化施設

本城かんびん資源化センター 住所・電話番号

福岡県北九州市八幡西区洞北町7-10

093-693-8525

本城かんびん資源化センター ホームページ・関連サイト

http://www.city.kitakyushu.lg.jp/kankyou/file_0...

本城かんびん資源化センター 関連ページ

 本城かんびん資源化センターでは、市内で回収された、かん、びん、ペットボトルを選別しています。
 併設の紙パック・トレー保管施設では、拠点回収された、紙パックの保管、発泡スチロール製食品用トレーの選別も行なっています。
 選別された、かん、びんなどはリサイクル事業者に引き渡され、かん、びんは再びかん、びんの原料などとして、ペットボトルは衣料品の原料などに、紙パックは再生紙やトイレットペーパーの原料として、食品用トレーはプラスチックの原料や建築資材としてリサイクルされます。

敷地面積:17,000平方メートル
建物面積:3,250平方メートル
建設年月:平成9年10月
建設費:約1,800百万円
処理能力:63トン(5時間)(31.5トン(5時間)×2系列)

本城かんびん資源化センター 施設情報

年間処理量4,584 t/年度
資源回収量2,682 t/年度
搬出量・在庫量の別民間
搬出量
在庫量
施設区分リサイクルプラザ
処理対象廃棄物ガラス類、金属類、ペットボトル
処理内容圧縮・梱包、選別
処理能力63 t/日
使用開始年度1997 年
運転管理体制委託
施設の改廃
産業廃棄物の搬入の有無無し
一般廃棄物の割合
リユース・リペア機能の有無無し
リユース・リペアする場所の面積
リユース・リペアの対象品目
合計重量
個数
家具対象
重量
個数
自転車対象
重量
個数
衣類対象
重量
個数
書籍対象
重量
個数
家電対象
重量
個数
対象
重量
個数
食器対象
重量
個数
おもちゃ対象
重量
個数
その他対象
重量
個数
リユース・リペアの内容

話題の清掃工場

第1位 佐賀市 清掃工場 350
第2位 フクシマエコテッククリーンセンター 296
第3位 伊賀南部クリーンセンター(焼却施設) 225
第4位 柏市 第二清掃工場 191
第5位 扇田環境センター(新埋立地) 153
第6位 日野市 クリーンセンター(ごみ焼却... 152
第7位 浜松市 新清掃工場 142
第8位 はだのクリーンセンター 129
第9位 奈良市 環境清美工場(ごみ焼却処理... 126
第10位 上伊那広域連合 新ごみ中間処理施設 124

一覧