資源化量
余熱利用量仕様値・公称値
余熱利用量実績値
発電能力
灰処理設備の有無
ごみ組成分析結果
三成分
低位発熱量
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他
資源回収量
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他
資源回収量
搬出量
在庫量
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他
年間処理量
生成物保管量
生成物生産量
生成物搬出量
燃料化量民間
発電能力
三成分
低位発熱量
準好気性埋立構造の管理状況
水質管理状況
メタン回収をしている場合
年間処理量
資源化量
脱水汚泥の直接埋立
脱水汚泥の焼却
処理方式
メタン発酵の場合
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他

福増クリーンセンター 第二粗大ごみ処理施設(市原市)

粗大ごみ処理施設

福増クリーンセンター 第二粗大ごみ処理施設 住所・電話番号

千葉県市原市福増124-2

0436-36-1191

福増クリーンセンター 第二粗大ごみ処理施設 ホームページ・関連サイト

http://www.city.ichihara.chiba.jp/060kankyou/cl...

福増クリーンセンター 第二粗大ごみ処理施設 関連ページ

 昭和59年に第一工場(焼却処理施設)を開設、昭和61年には、金属回収設備を備えた第一粗大ごみ処理施設を、平成8年には、資源物の分別収集に対応する資源化設備を備えた第二粗大ごみ処理施設を稼働させ、廃棄物のリサイクルを推進しています。平成6年には、蒸気タービン発電機を備えた第二工場(焼却処理施設)を稼働させ、本センター内で使用する電力の大半を賄うとともに、隣接する温浴施設「憩の家」に蒸気を供給することで、焼却によって発生する熱エネルギーを有効利用しています。平成13年には、焼却灰の再生処理を開始し、エコセメントとして有効利用するとともに、限りある最終処分場の延命化を図っています。
 焼却施設から排出される燃焼ガスは、燃焼温度管理により、有害物質の発生を抑制し、薬剤中和、活性炭吸着及びバグフィルターによる除去を行うことで、法令に基づく環境基準より厳しい工場独自の運転管理基準をクリアし、周辺環境との調和を図っています。

ごみの搬入
 家庭ごみ:月曜日から土曜日(祝日年末年始を除く)、午前8時30分から午後4時まで
 事業ごみ:月曜日から金曜日(祝日年末年始を除く)、午前中は、8時30分から11時30分まで、午後は1時00分から4時00分まで

工場見学

 月曜日から金曜日(祝日年末年始を除く)、午前9時から午後3時まで(正午から1時までを除く)
 3日前までに電話にて予約、申請書を提出

福増クリーンセンター 第二粗大ごみ処理施設 施設情報

年間処理量8,479 t/年度
資源回収量資源物回収3,019 t/年度
資源化物の区分搬出量
処理対象廃棄物不燃ごみ、粗大ごみ、資源ごみ
処理方式圧縮
処理能力113 t/日
使用開始年度1996 年
運転管理体制委託
施設の改廃
産業廃棄物の搬入の有無無し
一般廃棄物の割合
リユース・リペア機能の有無無し
リユース・リペアする場所の面積
リユース・リペアの対象品目
合計重量
個数
家具対象
重量
個数
自転車対象
重量
個数
衣類対象
重量
個数
書籍対象
重量
個数
家電対象
重量
個数
対象
重量
個数
食器対象
重量
個数
おもちゃ対象
重量
個数
その他対象
重量
個数
リユース・リペアの内容

話題の清掃工場

第1位 佐賀市 清掃工場 350
第2位 フクシマエコテッククリーンセンター 296
第3位 伊賀南部クリーンセンター(焼却施設) 225
第4位 柏市 第二清掃工場 191
第5位 扇田環境センター(新埋立地) 153
第6位 日野市 クリーンセンター(ごみ焼却... 152
第7位 浜松市 新清掃工場 145
第8位 はだのクリーンセンター 132
第9位 奈良市 環境清美工場(ごみ焼却処理... 129
第10位 上伊那広域連合 新ごみ中間処理施設 124

一覧