資源化量
余熱利用量仕様値・公称値
余熱利用量実績値
発電能力
灰処理設備の有無
ごみ組成分析結果
三成分
低位発熱量
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他
資源回収量
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他
資源回収量
搬出量
在庫量
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他
年間処理量
生成物保管量
生成物生産量
生成物搬出量
燃料化量民間
発電能力
三成分
低位発熱量
準好気性埋立構造の管理状況
水質管理状況
メタン回収をしている場合
年間処理量
資源化量
脱水汚泥の直接埋立
脱水汚泥の焼却
処理方式
メタン発酵の場合
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他

エコトピア亀岡(亀岡市)

一般廃棄物最終処分場

エコトピア亀岡 住所・電話番号

京都府亀岡市東別院町大野

エコトピア亀岡 ホームページ・関連サイト

http://www.city.kameoka.kyoto.jp/umetate/shiset...

エコトピア亀岡 関連ページ

 「エコトピア亀岡」は、平成19年4月にオープンした一般廃棄物最終処分場です。
 亀岡市が回収する「資源ごみ」「粗大ごみ」の効果的な資源化を行うとともに、「埋立ごみ」や「資源化できないごみ」を自然に負担をかけずに安全且つ適切に埋立処分することで、亀岡の緑豊かな自然と快適な住環境の保全に努めています。

施設全体の概要
 敷地面積 約160,000平方メートル
 着工 平成16年12月
 竣工 平成19年3月
 施設種別 管理型最終処分場
埋立処分地の概要
 埋立面積 約16,000平方メートル
 埋立容量 約110,000平方メートル
 埋立予定年数 15年
 埋立方法 サンドイッチ工法、セル工法の併用
 地下浸透対策 高密度ポリエチレン製遮水シート
浸出水処理施設の概要
 処理能力 60立方メートル/日
 水処理方式 生物処理(接触曝気法)+凝集沈殿+砂濾過+活性炭吸着+キレート吸着+紫外線減菌処理
 汚泥処理方式 濃縮・貯留・遠心脱水
資源化前処理設備の概要
 可燃性粗大ごみ破砕設備 自走式破砕機 1機
 缶プレス設備 自動選別機付き缶プレス機 1機

エコトピア亀岡 施設情報

埋立容量 覆土を含む3,651 m3/年度
埋立量 覆土を含まない2,430 t/年度
残余容量61,061 m3
処理対象廃棄物不燃ごみ、破砕ごみ・処理残渣
埋立場所山間
埋立開始年度2007 年
埋立地面積16,000 ㎡
全体容積77,920 m3
埋立終了年度2022 年
遮水の方式底部遮水工
浸出水の処理生物処理(脱窒あり)、凝集沈殿、砂ろ過、活性炭処理、キレート処理
運転管理体制直営
処分場の現状埋立中
施設の改廃
産業廃棄物の搬入の有無無し
一般廃棄物の割合
最終処分場の構造準好気性埋立構造
準好気性埋立構造の管理状況水位管理末端集水管は開放
覆土施工即日覆土
ガス抜き管の計画的施工状況埋立状況により計画的に延長
水質管理状況処理前BOD濃度1 ppm
処理後BOD濃度1 ppm
処理前COD濃度5 ppm
処理後COD濃度4 ppm
処理前TN濃度4 ppm
処理後TN濃度4 ppm
メタン回収をしている場合メタン回収の有無回収していない
メタンガス回収量
メタンガス濃度
メタンガス発熱量
メタンガスの利用
発電量

話題の清掃工場

第1位 佐賀市 清掃工場 344
第2位 フクシマエコテッククリーンセンター 296
第3位 伊賀南部クリーンセンター(焼却施設) 225
第4位 柏市 第二清掃工場 188
第5位 扇田環境センター(新埋立地) 153
第6位 日野市 クリーンセンター(ごみ焼却... 152
第7位 浜松市 新清掃工場 142
第8位 はだのクリーンセンター 129
第9位 上伊那広域連合 新ごみ中間処理施設 124
第10位 奈良市 環境清美工場(ごみ焼却処理... 123

一覧