資源化量
余熱利用量仕様値・公称値
余熱利用量実績値
発電能力
灰処理設備の有無
ごみ組成分析結果
三成分
低位発熱量
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他
資源回収量
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他
資源回収量
搬出量
在庫量
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他
年間処理量
生成物保管量
生成物生産量
生成物搬出量
燃料化量民間
発電能力
三成分
低位発熱量
準好気性埋立構造の管理状況
水質管理状況
メタン回収をしている場合
年間処理量
資源化量
脱水汚泥の直接埋立
脱水汚泥の焼却
処理方式
メタン発酵の場合
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他

東大阪都市清掃施設組合 第四工場(東大阪都市清掃施設組合)

焼却施設

東大阪都市清掃施設組合 第四工場 住所・電話番号

大阪府東大阪市水走4-6-25

072-962-6021

東大阪都市清掃施設組合 第四工場 ホームページ・関連サイト

http://www.higashiosaka-toshiseisou.or.jp/siset...

東大阪都市清掃施設組合 第四工場 関連ページ

東大阪都市清掃施設組合 第四工場 タグ

処理能力:300t/24h炉×2基
設計・施工 :日立造船(株)
型式:全連ストーカ式(デ・ロール式DO-B型)
着工:昭和53年7月1日
竣工:昭和56年3月31日
事業費:6,051,423千円

給塵方式:ピットアンドクレーン方式
 (ごみピット):7,000m3
灰出方式:フライトコンベヤー
→ピットアンドクレーン
 (灰ピット):620m3
飛灰ピット:120m3
 (ストックヤード):
通風方式:平行通風方式
 (煙突):高さ59.5m頂口2.4mΦ
除塵方式:ろ過式集じん器
 (効率):99.80%
洗煙方式:乾式
飛灰処理方式:薬剤処理
焼却方式:連続機械式高温焼却
ごみの種類:雑芥と厨芥の混合物
見掛比重:0.25
低位発熱量:4.20~10.50MJ/Kg
炉内温度:800~900℃

東大阪都市清掃施設組合 第四工場 施設情報

年間処理量161,916 t/年度
資源化量資源物回収
燃料ガス回収
生産量・搬出量の別
焼却対象廃棄物混合(未分別ごみ)
施設の種類焼却
処理方式ストーカ式(可動)
炉型式全連続運転
処理能力600 t/日
炉数2
使用開始年度1981 年
余熱利用の状況場内温水、場内蒸気、発電(場内利用)
余熱利用量仕様値・公称値余熱利用量245,909,244 MJ
うち外部熱供給量
余熱利用量実績値余熱利用量
うち外部熱供給量
発電能力発電能力3,500 MJ
発電効率実績値3 %
総発電量実績値17,637 MWh
うち外部供給量実績値
灰処理設備の有無焼却灰処理設備無し
飛灰処理設備薬剤処理
運転管理体制直営
施設の改廃
産業廃棄物の搬入の有無無し
一般廃棄物の割合
ごみ組成分析結果紙・布類57 %
ビニール、合成樹脂、ゴム、皮革類20 %
木、竹、わら類12 %
ちゅう芥類5 %
不燃物類5 %
その他2 %
単位容積重量130 kg/m3
三成分水分31 %
可燃分60 %
灰分9 %
低位発熱量計算値10,511 kJ/kg
実測値12,210 kJ/kg
リユース・リペア機能の有無無し
リユース・リペアする場所の面積
リユース・リペアの対象品目
合計重量
個数
家具対象
重量
個数
自転車対象
重量
個数
衣類対象
重量
個数
書籍対象
重量
個数
家電対象
重量
個数
対象
重量
個数
食器対象
重量
個数
おもちゃ対象
重量
個数
その他対象
重量
個数
リユース・リペアの内容

話題の清掃工場

第1位 佐賀市 清掃工場 350
第2位 フクシマエコテッククリーンセンター 296
第3位 伊賀南部クリーンセンター(焼却施設) 225
第4位 柏市 第二清掃工場 191
第5位 扇田環境センター(新埋立地) 153
第6位 日野市 クリーンセンター(ごみ焼却... 152
第7位 浜松市 新清掃工場 142
第8位 はだのクリーンセンター 129
第9位 上伊那広域連合 新ごみ中間処理施設 124
第10位 奈良市 環境清美工場(ごみ焼却処理... 123

一覧