資源化量
余熱利用量仕様値・公称値
余熱利用量実績値
発電能力
灰処理設備の有無
ごみ組成分析結果
三成分
低位発熱量
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他
資源回収量
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他
資源回収量
搬出量
在庫量
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他
年間処理量
生成物保管量
生成物生産量
生成物搬出量
燃料化量民間
発電能力
三成分
低位発熱量
準好気性埋立構造の管理状況
水質管理状況
メタン回収をしている場合
年間処理量
資源化量
脱水汚泥の直接埋立
脱水汚泥の焼却
処理方式
メタン発酵の場合
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他

因瀬クリーンセンター(焼却施設)(尾道市)

焼却施設

因瀬クリーンセンター(焼却施設) 住所・電話番号

広島県尾道市因島重井町5334

0845-24-0432

因瀬クリーンセンター(焼却施設) ホームページ・関連サイト

http://www.city.onomichi.hiroshima.jp/www/secti...

因瀬クリーンセンター(焼却施設) 関連ページ

因瀬クリーンセンター(焼却施設) タグ

業務時間(受入時間):8時30分~16時30分
休日:土曜・日曜・祝日・年末年始12月29日から1月3日

処理能力:25t/16H×2炉(ストーカ式)
延床面積:1,500㎡
構造:鉄筋コンクリート造・鉄骨造地上3階地下1階
竣工:1990(平成2)年11月

因瀬クリーンセンター(焼却施設) 施設情報

年間処理量9,611 t/年度
資源化量資源物回収
燃料ガス回収
生産量・搬出量の別
焼却対象廃棄物可燃ごみ、ごみ処理残渣、し尿処理残渣
施設の種類焼却
処理方式ストーカ式(可動)
炉型式准連続運転
処理能力50 t/日
炉数2
使用開始年度1990 年
余熱利用の状況場内温水、場外温水
余熱利用量仕様値・公称値余熱利用量1,172,000 MJ
うち外部熱供給量586,000 MJ
余熱利用量実績値余熱利用量73,200 MJ
うち外部熱供給量36,600 MJ
発電能力発電能力
発電効率実績値
総発電量実績値
うち外部供給量実績値
灰処理設備の有無焼却灰処理設備薬剤処理
飛灰処理設備薬剤処理
運転管理体制直営
施設の改廃
産業廃棄物の搬入の有無無し
一般廃棄物の割合
ごみ組成分析結果紙・布類48 %
ビニール、合成樹脂、ゴム、皮革類20 %
木、竹、わら類13 %
ちゅう芥類15 %
不燃物類3 %
その他2 %
単位容積重量230 kg/m3
三成分水分47 %
可燃分49 %
灰分5 %
低位発熱量計算値8,012 kJ/kg
実測値
リユース・リペア機能の有無無し
リユース・リペアする場所の面積
リユース・リペアの対象品目
合計重量
個数
家具対象
重量
個数
自転車対象
重量
個数
衣類対象
重量
個数
書籍対象
重量
個数
家電対象
重量
個数
対象
重量
個数
食器対象
重量
個数
おもちゃ対象
重量
個数
その他対象
重量
個数
リユース・リペアの内容

因瀬クリーンセンター(焼却施設) ブログ・ニュース

5年で財源不足36億円 尾道 - 中国新聞
主な要因は人口減少などによる市税や地方交付税の減少。17年度の市税は、12年度比18億3千万円減の172億4千万円としている。 一方、歳出は高齢化の進展で扶助費が増加する。因島南小(仮称)建設や因瀬クリーンセンター改修などもあり、投資的経費は増える見通し。
2013-08-22 13:53:48
因島のごみ焼却場延命へ - 中国新聞
尾道市は2013年度、同市因島重井町のごみ焼却場「因瀬クリーンセンター」の長寿命化計画を作る。老朽化した焼却炉など設備の改良工事を15年度に始め、17年度の完成を目指す。 同センターは因島・瀬戸田地域の可燃ごみを扱う。11年度は約9800トンを処理した。
2013-03-09 21:23:11

話題の清掃工場

第1位 佐賀市 清掃工場 359
第2位 フクシマエコテッククリーンセンター 296
第3位 伊賀南部クリーンセンター(焼却施設) 225
第4位 柏市 第二清掃工場 191
第5位 扇田環境センター(新埋立地) 153
第6位 日野市 クリーンセンター(ごみ焼却... 152
第7位 浜松市 新清掃工場 145
第8位 はだのクリーンセンター 132
第9位 奈良市 環境清美工場(ごみ焼却処理... 129
第10位 上伊那広域連合 新ごみ中間処理施設 124

一覧