資源化量
余熱利用量仕様値・公称値
余熱利用量実績値
発電能力
灰処理設備の有無
ごみ組成分析結果
三成分
低位発熱量
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他
資源回収量
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他
資源回収量
搬出量
在庫量
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他
年間処理量
生成物保管量
生成物生産量
生成物搬出量
燃料化量民間
発電能力
三成分
低位発熱量
準好気性埋立構造の管理状況
水質管理状況
メタン回収をしている場合
年間処理量
資源化量
脱水汚泥の直接埋立
脱水汚泥の焼却
処理方式
メタン発酵の場合
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他

橘処理センター(焼却施設)(川崎市)

焼却施設

橘処理センター(焼却施設) 住所・電話番号

神奈川県川崎市高津区新作1-20-1

044-865-0013

橘処理センター(焼却施設) ホームページ・関連サイト

http://www.city.kawasaki.jp/shisetsu/category/4...

橘処理センター(焼却施設) 関連ページ

橘処理センター(焼却施設) タグ

各家庭から排出され、市が収集したごみの焼却処理をする施設です。

構造:鉄骨鉄筋コンクリート造
焼却能力:600t/24h(200t/24h×3基)
焼却方式:三菱マルチン式全連続燃焼炉
ごみピット:容量 1,200t
灰ピット:容量 800m3
ボイラ:常用圧力 1.57MPa
タービン発電機:最大出力 2,200kW
集じん器:ろ過式集じん器(脱硝バグフィルタ)
煙突:高さ 100m・頂上口径 1.9m

橘処理センター(焼却施設) 施設情報

年間処理量108,710 t/年度
資源化量資源物回収
燃料ガス回収
生産量・搬出量の別
焼却対象廃棄物ごみ処理残渣、混合(未分別ごみ)
施設の種類焼却
処理方式ストーカ式(可動)
炉型式全連続運転
処理能力600 t/日
炉数3
使用開始年度1974 年
余熱利用の状況場内温水、場内蒸気、発電(場内利用)、場外蒸気、発電(場外利用)
余熱利用量仕様値・公称値余熱利用量94,141,152 MJ
うち外部熱供給量
余熱利用量実績値余熱利用量296,417,706 MJ
うち外部熱供給量38,491,403 MJ
発電能力発電能力2,200 MJ
発電効率実績値5 %
総発電量実績値18,031 MWh
うち外部供給量実績値4,525 MWh
灰処理設備の有無焼却灰処理設備無し
飛灰処理設備薬剤処理
運転管理体制直営
施設の改廃
産業廃棄物の搬入の有無無し
一般廃棄物の割合
ごみ組成分析結果紙・布類51 %
ビニール、合成樹脂、ゴム、皮革類31 %
木、竹、わら類3 %
ちゅう芥類10 %
不燃物類2 %
その他3 %
単位容積重量123 kg/m3
三成分水分37 %
可燃分57 %
灰分6 %
低位発熱量計算値12,490 kJ/kg
実測値
リユース・リペア機能の有無無し
リユース・リペアする場所の面積
リユース・リペアの対象品目
合計重量
個数
家具対象
重量
個数
自転車対象
重量
個数
衣類対象
重量
個数
書籍対象
重量
個数
家電対象
重量
個数
対象
重量
個数
食器対象
重量
個数
おもちゃ対象
重量
個数
その他対象
重量
個数
リユース・リペアの内容

橘処理センター(焼却施設) ブログ・ニュース

川崎市 橘ゴミ処理センター建て替えへ 環境アセス縦覧開始 - 建通新聞
川崎市は4月14日老朽化した現施設を建て替える「橘処理センター整備事業」について条例環境影響評価方法書の写しの縦覧を始めた。新施設は建築面積約1万4000平方㍍で、ごみ焼却処理施設の能力は1日当たり600㌧。 このコンテンツの続きをお読みいただくためには、 
2014-04-15 10:35:35
エイト日技に委託/13年度内に事業手法/川崎市の橘処理C基本・整備計画 - 日刊建設通信新聞 (会員登録)
市が4月に公表した環境配慮計画書では、既存のごみ焼却処理施設を延べ約1万4500㎡の新施設、粗大ごみ処理施設は延べ約1800㎡のミックスペーパー処理施設にそれぞれ建て替える方針が示されている。 ごみ焼却処理施設はストーカ式で処理能力は現行と同様、1
2013-05-23 05:13:26
ごみ焼却灰埋め立てきょう再開、浮島処分場で放射性物質吸着/川崎 - カナロコ(神奈川新聞)
川崎市は26日から、放射性物質が検出され一時保管してきたごみ焼却灰飛灰)について、浮島廃棄物埋立処分場(川崎区)での水面埋め立てを試験的に再開する。市では鉱物性の吸着剤「ゼオライト」を飛灰に交ぜて、放射性物質を吸着させる方式を採り、橘処理センター(高津
2013-04-26 08:01:03
川崎市 橘処理C建替、延べ1万4500平方を想定 - 建通新聞
2013/4/12 神奈川. 川崎市は、橘処理センター建て替え事業で、新設するごみ焼却施設を延べ約1万4500平方㍍、ミックスペーパー処理施設を延べ約1800平方㍍とする事業計画をまとめた。 このコンテンツの続きをお読みいただくためには、会員登録かログインが必要です。
2013-04-13 18:48:59
日600t焼却施設を建替/川崎市の橘処理C計画段階アセス - 日刊建設通信新聞 (会員登録)
既存のごみ焼却処理施設は延べ約1万4500㎡の新施設、粗大ごみ処理施設は延べ約1800㎡のミックスペーパー処理施設にそれぞれ建て替える。現行スケジュールでは、2015年度にアセス手続きを完了させ、同年度に既存施設解体設計を委託し、16年度の解体工事
2013-04-09 05:09:11
川崎市が家庭ごみ焼却飛灰の埋め立てを再開/神奈川 - カナロコ(神奈川新聞)
埋め立て処分場での新方式による実験でも、内水の放射性セシウム濃度は「10ベクレル以下」だった。 市内4カ所の処理センター(ごみ焼却施設)のうち、添加を代替できる装置のある橘処理センターで4月から、ゼオライト添加をスタートし埋め立てを始める。残る3処理センター
2013-03-28 17:10:23
プラスチック収集も全市9月から - タウンニュース (プレスリリース)
普通ごみの収集回数は、平成19年度に週4回から3回に見直されましたが、その際には約7千トンの減量効果となりました。それを受けて、橘処理センター建替えを行い、4施設から3焼却処理施設体制の構築とともに今年9月から、プラスチック製容器包装の分別収集を全市へ
2013-03-08 01:22:35
一般ごみの収集が、週3日から2日へ - タウンニュース
今後の廃棄物処理施設の整備については、現在4つあるごみ焼却場の敷地を有効活用し、3つの処理センターを稼動させ、残り1つの処理センターを休止して新たに建設するという3処理センター体制を平成27年度から構築することとなりました。 現在は、リサイクルパークあさお
2013-02-22 00:17:22
かつて週6日だったゴミ収集が2日に減る政令市 - 読売新聞
今回、収集を週2日に減らす背景には、市内4か所の焼却場を3か所で安定的に稼働させる狙いがある。74年完成橘処理センター高津区)など老朽化した施設を順次建て替えていくからだ。 市によると、週3日と比べ、人件費や燃料代など年間約5億円を削減できる。市の調べ
2013-01-17 10:12:29
川崎市のゴミ収集、週3回から2回に 9月以降 - 読売新聞
今回、収集を週2日に減らす背景には、市内4か所の焼却場を3か所で安定的に稼働させる狙いがある。74年完成橘処理センター高津区)など老朽化した施設を順次建て替えていくからだ。 市によると、週3日と比べ、人件費や燃料代など年間約5億円を削減できる。市の調べ
2013-01-16 05:43:50
〔フクシマ・東京新聞〕 川崎市 放射能測定値をマップに 中 ...
中原区中央部は、高津区橘処理センターから約三・五キロ地点にあたる。地元住民からは「高層ビルが山の役割を果たし、事故後に風に乗って飛んできた放射性物質がビルに当たって落下したのかも」との声もある。
2011-12-15 09:37:00
ごみ焼却施設を15年度から順次建て替え、老朽化で方針/川崎市
ごみ焼却事業の安定性や環境負荷の低減、経済性などを総合判断した結果、1974年に運用を開始した橘処理センター建て替えを先行して実施することになった。市は2005年に策定した一般廃棄物処理基本計画で、ごみ焼却量の目標として
2011-10-11 07:39:00

話題の清掃工場

第1位 佐賀市 清掃工場 338
第2位 フクシマエコテッククリーンセンター 293
第3位 伊賀南部クリーンセンター(焼却施設) 225
第4位 柏市 第二清掃工場 188
第5位 扇田環境センター(新埋立地) 153
第6位 日野市 クリーンセンター(ごみ焼却... 152
第7位 浜松市 新清掃工場 142
第8位 はだのクリーンセンター 129
第9位 上伊那広域連合 新ごみ中間処理施設 124
第10位 奈良市 環境清美工場(ごみ焼却処理... 123

一覧