資源化量
余熱利用量仕様値・公称値
余熱利用量実績値
発電能力
灰処理設備の有無
ごみ組成分析結果
三成分
低位発熱量
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他
資源回収量
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他
資源回収量
搬出量
在庫量
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他
年間処理量
生成物保管量
生成物生産量
生成物搬出量
燃料化量民間
発電能力
三成分
低位発熱量
準好気性埋立構造の管理状況
水質管理状況
メタン回収をしている場合
年間処理量
資源化量
脱水汚泥の直接埋立
脱水汚泥の焼却
処理方式
メタン発酵の場合
リユース・リペアの対象品目
合計
家具
自転車
衣類
書籍
家電
食器
おもちゃ
その他

鳥取県西部広域行政管理組合 エコスラグセンター(鳥取県西部広域行政管理組合)

焼却施設

鳥取県西部広域行政管理組合 エコスラグセンター 住所・電話番号

鳥取県西伯郡伯耆町口別所489-1

0859-68-3863

鳥取県西部広域行政管理組合 エコスラグセンター ホームページ・関連サイト

http://www.tottori-seibukoiki.jp/jimukyoku/Kank...

鳥取県西部広域行政管理組合 エコスラグセンター 関連ページ

鳥取県西部広域行政管理組合 エコスラグセンター タグ

敷地面積:35,049㎡
総事業費:3,799,500千円
 用地取得費:345,000千円
 施設建設費:3,454,500千円
着工:平成14年7月
竣工:平成16年3月
処理対象物:
 ごみ焼却残さ(米子市を除く)
 不燃物残さ
 し尿汚泥焼却残さ
 公共下水道汚泥焼却残さ
施設規模:
 前処理設備規模:39㌧/日
 溶融設備規模:34㌧/日(17㌧/日×2炉)
処理方式:
 溶融方式:燃料燃焼式表面溶融方式
 スラグ冷却方式:空冷方式

鳥取県西部広域行政管理組合 エコスラグセンター 施設情報

年間処理量4,050 t/年度
資源化量資源物回収1,148 t/年度
燃料ガス回収
生産量・搬出量の別搬出量
焼却対象廃棄物その他、ごみ処理残渣、し尿処理残渣
施設の種類その他
処理方式その他
炉型式全連続運転
処理能力34 t/日
炉数2
使用開始年度2004 年
余熱利用の状況その他、場内温水
余熱利用量仕様値・公称値余熱利用量
うち外部熱供給量
余熱利用量実績値余熱利用量
うち外部熱供給量
発電能力発電能力
発電効率実績値
総発電量実績値
うち外部供給量実績値
灰処理設備の有無焼却灰処理設備無し
飛灰処理設備薬剤処理
運転管理体制委託
施設の改廃
産業廃棄物の搬入の有無無し
一般廃棄物の割合
ごみ組成分析結果紙・布類1 %
ビニール、合成樹脂、ゴム、皮革類57 %
木、竹、わら類0 %
ちゅう芥類0 %
不燃物類4 %
その他38 %
単位容積重量377 kg/m3
三成分水分5 %
可燃分27 %
灰分68 %
低位発熱量計算値4,998 kJ/kg
実測値
リユース・リペア機能の有無無し
リユース・リペアする場所の面積
リユース・リペアの対象品目
合計重量
個数
家具対象
重量
個数
自転車対象
重量
個数
衣類対象
重量
個数
書籍対象
重量
個数
家電対象
重量
個数
対象
重量
個数
食器対象
重量
個数
おもちゃ対象
重量
個数
その他対象
重量
個数
リユース・リペアの内容

鳥取県西部広域行政管理組合 エコスラグセンター ブログ・ニュース

エコスラグセンターを機能転換 リサイクル施設へ - 日本海新聞
04年度に運転が始まったエコスラグセンターでは、県西部の自治体のごみ焼却施設で発生する焼却灰を高温で溶かし、小石状のスラグを生成、道路の路盤材などに再利用している。大口の境港市が16年度から米子市クリーンセンターへの搬出に切り替えるため、費用対効果の 
2014-02-18 11:16:27
私の議論も生きて、節約
定岡敏行市議 「39億円もかけた不燃物の灰溶融施設・エコスラグセンターが稼動し始めて、処分量は約4分の一と大幅に減っているにもかかわらず、業者への委託料は毎年、1億8400万円、建設費分も含めると6億4千万円払い続けている。
2010-03-22 18:22:00
1.6億円の節約
この問題は、不燃物の灰溶融施設・エコスラグセンターが稼動し始めて、処分場に搬入される不燃物の量は大幅に減っているにもかかわらず、民間業者への委託料はほとんど変わらないで推移してきた―、この事実を私はここ数年、決算審査などで指摘。
2010-02-22 18:02:00
こんな会計検査もあるんですね
何のことかと聞けば、下水道汚泥の処理に関して本来なら西部広域行政管理組合が運営する溶融施設・エコスラグセンター焼却処分するところを、米子市下水道が汚泥処理をコンポストやセメント原料とするように変更したため、エコスラグにまわしていない
2009-11-12 22:50:00
夢!?の下水道汚泥処理
排水は日野川に、汚泥焼却施設で処理され焼却灰を西部広域のエコスラグセンターに持ち込んできた。年間に発生する104トンの汚泥運搬費用が85万円、焼却費用負担金が290万円、その維持管理費がそれぞれゼロに抑えられるメリットがある、という。
2009-11-02 19:36:00
微生物の働きってすごい
し尿収集業界や資源化施設との調整といった、複雑な課題はあるのでしょうが、下水道事業だけでなく、エコスラグセンターの存廃も含め平成28年度以降の廃棄物処理の全般的な検討を求められている西部広域にとっても
2009-11-02 18:18:00
決算特別委員会で・・・その(1)
重点項目を設定したり、西部広域のエコスラグセンター最終処分場の現場にもいくなど、やり方も変えた。執行部への意見=要望事項をどうまとめるか、特別委員会はいまも断続的に続いています。
2008-10-28 09:26:00
西部広域議会
25日、鳥取県西部広域行政管理組合(管理者・野坂康夫米子市長)の臨時議会が開かれ、平成18年度決算認定、補正予算など審議した後、全員協議会が開かれ、偽計入札妨害事件の公判状況、エコスラグセンターの試
2008-01-25 20:39:00
西部広域の次長が逮捕
一貫して廃棄物行政に携わり、この間旧岸本町に設置されたリサイクルプラザ、灰溶融施設・エコスラグセンターなどの建設にかかわってきた。長年のキャリアから、陰では「戸田天皇」と関係者から呼ばれるなど、西部広域での廃棄物行政に影響力を行使してきた。
2007-10-09 13:04:00
3月議会の課題(2)
私が議員として始めての02年3月で問題になったのが、西部広域行政管理組合の灰溶融施設=エコスラグセンター建設計画だった。 私は急遽、調べまくって、まだ未完の技術、住民負担を増やす、ゴミの減量化こそ基本だと計画に反対した。 ただ1人だった。
2007-02-07 08:15:00

話題の清掃工場

第1位 佐賀市 清掃工場 359
第2位 フクシマエコテッククリーンセンター 296
第3位 伊賀南部クリーンセンター(焼却施設) 225
第4位 柏市 第二清掃工場 191
第5位 扇田環境センター(新埋立地) 153
第6位 日野市 クリーンセンター(ごみ焼却... 152
第7位 浜松市 新清掃工場 145
第8位 はだのクリーンセンター 132
第9位 奈良市 環境清美工場(ごみ焼却処理... 129
第10位 上伊那広域連合 新ごみ中間処理施設 124

一覧